ビジネスで活用できる 金融の知識

タイプの認識

手形の種類

手形には様々な種類が存在します。
例えば約束手形、これは振出人と受取人の2者間でやり取りされる手形です。振出人は期限内に額面金額を支払う義務が発生します。
他には為替手形というものも存在します。
この為替手形は振出人と受取人の間に引取人と呼ばれる第三者が関係してきます。
引取人が振出人と受取人の間に入ってくることによって、引取人に額面金額の支払いの義務が発生します。
そして手形のなかでも有名だと思われるのが小切手です。
小切手は振出人と受取人の間に銀行が入ってきます。
約束手形との違いは支払い期限が設定されていないことにあります。
手形割引を行う際には、以上の手形の種類について把握しておく必要があるのです。

手形割引を行う前に

手形割引で利用する手形は有価証券です。現金にするためには不備のない状態にしなければなりません。
しかし中には危ない偽造の手形を掴まされている場合もあるのです。
このような偽造の手形では手形割引を行う事はできません。
手形割引を行う前に、手形がちゃんとしたものかどうかの確認を行う必要がでてきます。
しっかりとした手形であれば、まず「約束手形」と書かれています。
他にも金額が合っているかどうかをしっかりと確認しましょう。
他にも支払い期限や宛名、振出日などしっかりとチェックするようにしましょう。
手形でやり取りする金額は決して少ないものではありません。そのために気をつけなければ大損になる可能性もあるのです。