ビジネスで活用できる 金融の知識

事業資金の獲得方法

手形割引とは

「手形」とは企業同士の決済で使われることがある有価証券のことをいいます。
この手形を換金する方法を「手形割引」といいます。
企業にとってどうしても現金が必要となった時にとても便利な方法だといえるでしょう。
ここで指す割引とは期限より前に現金化する分、それ相当の割引料が掛かってしまうことをいいます。
割引されるので手形の本来貰える分の金額よりも少ない金額を受け取ることになるのですが、急に現金が必要になり引き落とさなければいけない時にとても重宝するのです。
手形割引は金融機関または手形割引業者に買取ってもらうことによって、現金を手にすることが出来るのです。
手形と言っても実は手形には様々な種類が存在します。
そのために手形の種類の特徴をしっかりと把握して、それにあった対応を行う必要が出てくるのです。
最近では電子化された手形の発行もされており、インターネットやFAXにて決済等の金銭債権を行う事が出来るようになりました。

手形割引を行うには

手形割引は法律的に手形の売買と考えられています。
そのために手形売買を行うためには、金融を使用する時と同じような調査が必要となってくるのです。
手形売買を行うために本当に信用力があるかどうか、手形を発行した使徒に信用力があるかどうか、これらの調査を銀行などが行う様になっているのです。
一般的に手形割引業者が手形振出人と呼ばれる手形発行者と依頼主の信用力の調査を行います。