ビジネスで活用できる 金融の知識

違いを認識する

手形割引の歴史から導く手形の割引の歴史

手形割引の歴史を知るためには、手形自体の歴史を知る必要があります。
手形のおこりは諸説ありますが、その中の一つを取り上げて説明をしますと。
12世紀ごろのイタリアが他のヨーロッパ諸国との貿易においてその取引の決済を円滑にするために手形を使い始めたとされている説です。
複数の国を越える取引であって距離や通貨といった障壁を克服する手段として、手形は普及しました。
手形は振りだすと当然支払う必要が生まれますが、先に述べました様に距離や通貨といった障壁のために容易にとはいかないものを克服すべく両替商が生まれます。
この14世紀前後の両替商における手形の現金化の取扱いが、これが手形割引のおこりともいう事ができます。
手形割引つまり手形の現金化です。

手形の割引のトレンドと今後の動向

簿記検定では「当社が先に受け取った期日が到来しXX円を受取って直ちに当座預金に預け入れた。
」といった様な問題が見られますが。
この手形の金額が高額であればあるほど、それを所有する企業にとってはその顛末が企業の資金繰りを左右する事になるため、また、手形は資金繰りによっては手形割引をする必要も起こりますが、電子化によってその手続きが簡素化されます。
は従来の様に紙の台帳と証券のみの管理から、より信頼性が高く、漏れのないオンライン形式の電子手形の普及が進むものと思われます。
また、従来の証券証書をオンラインシステムによって管理するサービスの普及が進むとみられます。
電子手形は一部の銀行等の金融機関で実用化が始まっておりこの動きは今後より一層進むものとみられます。
先に述べました電子手形が普及しますと手形の割引が従来証券の様に券面に記入する事なく手形の現金化ができるようになります。